一日アオインク

まず始めてみる。暮らしのメモ帳。

iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK11 購入レビュー

ブログ開設にあたって一つだけ準備したものがあります。

 

それが表題にあるBluetoothキーボードです。

いつでもどこでもパソコンを持っていくのは、難しいしスマホで手入力は時間がかかってしまう。音声入力は、よく使っているのだが長文を打つ場合や場所を選ぶことからキーボードがあるといいなって思い購入しました。

スマホの手入力がで満足きればいいのかもしれないが、画面から目を離して作業するという副産物が得られればいいなと思います。

目次

このキーボードを選んだ理由

出先で可能な限り身軽に長文入力を行いたいという目的があります。

そのため、パソコンやタブレットなど大きい機器でなく必ず持ち歩いているスマートフォンを使って文字入力を行いたいと思いました。

スマートフォンでは、タッチ入力や音声入力、外付けキーボードの選択肢があります。

タッチ入力で満足していないことやコンパクトなキーボードを一度使ってみたいということから外付けキーボードにしました。カフェなどで使用する場合、常にスマートフォンを立てかけることができるとは限らないのでスマホ立て一体型のを検討したところこの商品が目的に叶うものだったので購入した次第です。

外装

パッケージはシンプルです。

箱の厚さも3cmないため、もしメルカリで譲ることになっても送料はお安く済ませることができます。

外箱

中身

中身は布っぽいケースと滑り止めが珍しいかもと思うぐらいで、他メーカーとおおかた同じような内容です。

中身

本体

いよいよ本体。布のケースに入っていました。

サイズ的には、他のブログにも書かれている通りコンパクトな筆箱サイズです。

実際にキーボードを打ってみたが、慣れないためか誤字が多かったが幾分練習すれば早く入力できるのではないかという印象です。

ショートカットキー一覧も簡単なのが記載されているが、触っていると記載以外にもできそうです。

本体

筆者のスマホはandroid13なので対応外なのだが、問題なく動いています。

所感

やや勢いで購入した感が正直あるが、この手の商品は一度使ってみないと分からない部分も多いので、まずは使っていこうと思います。

重視していた携帯性はとても良いと感じる、重さもスマホ程度かつ閉じたときの形が縦長なのでカバンの隙間に立てたりと都合はよいと感じました。

 

amzn.asia